歴史と伝統

弊社WEBサイトはリニューアルしました。このページは以前のページで情報は更新されません。IE9以上でご覧いただいているお客さまは新しいサイトをご利用ください。

毛抜きの歴史と倉田製作所の伝統

さまざまな毛抜き

毛抜きの歴史は、ハサミやカミソリが日本に伝わるよりも古く、その原型は二枚貝を用いたものといわれています。枕草子の七七段に「ありがたきもの。・・・毛のよく抜くるしろがねの毛抜き。」とあるように、平安時代には金属製の毛抜きが既に存在していたようです。やがて、室町時代あたりに庶民の間にも広まり、江戸時代では現在のものとほぼ同じ形の毛抜きが使われていました。

倉田製作所の初代「倉田米吉郎」は、明治8年、幼小11歳の時に浅草で五代続いた毛抜き職人「大沢角久」に徒弟奉公、毛抜き職人の道に入りました。当時浅草には毛抜き鍛冶と呼ばれる職人が多数いましたが、関東大震災、太平洋戦争でその数が激減する一方、米吉郎は6男5女の子供をもうけ、長男福太郎をはじめとする男子6人全員が毛抜き職人の道に入り、戦後の刃物業界では倉田一族として名を馳せました。

2代目福太郎は、10歳の頃より米吉郎につき、後に日本橋人形町の老舗「うぶけや」の先代に仕事を教わりました。そこで江戸時代から伝わり現在最高級品と言われる「いろは」「甲丸」「ひょうたん」等の本手打ち毛抜きの仕事を伝承、永眠する2年前の88歳迄仕事一筋の職人と働き通しました。福太郎は、毛抜きを作る過程で一枚の板を折り曲げる時に使うペンチを考案したり、その仕事へのこだわりは、「私の作った毛抜きで痛いことがあったら私も職人だ、指切ってもよござんす」というセリフにもあらわれています。

生涯、現役。手抜きはしない

折り曲げの瞬間

祖父は明治8年にこの道に入った。二代目の父は人形町の「うぶけや」で修行を重ね、技を磨き、私は金槌を振るう父の背中を見ながら育ちました。戦時中、疎開先の新潟で中学二年の時から父の仕事を手伝い始めた。戦後、浅草に戻ってみると家はなく、小屋を建てて仕事を続け、モノのない時代で作れば売れました。

外注し、人を雇い、寝る間も惜しんで仕事に没頭した。その間、父から厳しく仕込まれたことは1度もありません。ある日、新潟・五泉市にある絹織物メーカーから反物のほつれを直す毛抜きの注文がきた。「おまえ作ってみろ」。父から言われて夢中で作った物が気に入られ、追加注文が続いたとき、初めて父の喜ぶ顔を見た。その後、職人気質の父も金槌を振るう回数が次第に減り、いつしか二代目の父は高級品を、三代目の私は数をこなす役回りに。

そんなある日、私は過労による腎臓病で倒れた。「このままなら死ぬぞ」と言う医者を説き伏せ、塩抜きの食事で働きながら病と闘った。早朝から金槌を握り、周囲から「ニワトリを起こす男」とからかわれたものでした。
先代の父は90歳で他界。88歳まで毛抜きを作り続けていたが医者が止めた。その日、力なく肩を落とし憔悴しきった父は「もう仕事をやめるよ」と、仏壇のある部屋にこもった。師である父の教えは「手を抜くな。念には念を入れろ。」

三代目の私は今年で76歳。約60年以上も金槌を振り続け、その技は四代目・息子の聖史に受け継いで貰わなければならない。
モノにこだわる人が多くなり、予約が入ることが増えた。この歳で働けるなんて冥利につきる。職人でよかった。と本当に思う日々を過ごさせてもらっています。

現在の職人

倉田義之

倉田義之

昭和8年、先代福太郎の長男として生まれる。
12歳で戦災にあう中、中学に通いながら仕事を手伝い、卒業後本格的に職人としての道に入る。
現在、江戸本手打ち毛抜きの技術を受け継ぐただ一人の職人である。

平成9年
荒川区より伝統工芸技能功労賞を受賞。荒川マイスターとして表彰
平成20年
東京都より東京都知事賞を受賞。東京マイスターとして表彰

楯


倉田聖史

昭和39年義之の長男として生まれる。
大学卒業後婦人服メーカーに就職。
平成2年に家業を継ぐことを決意、現在本手打ち毛抜きの技術を継承中。

マスコミ等の出演について

TV

1974年手作りの詩毎日放送
1977年日本のNo.1関西TV
1998年途中下車の旅日本TV
2002年はなまるマーケットTBS
2005年元気ですか日本列島NHK
2006年
2008年
アド街ック天国テレビ東京
2008年ちい散歩テレビ朝日
2009年匠の国 ジパングBS11
2010年ものスタMOVEテレビ東京

書籍・雑誌

1964年,1971年毎日グラフ
2005年婦人公論
2006年江戸東京 職人の名品東京書籍
2006年サンデー毎日
2006年metro min
2008年ひとときJR東海
2009年Domani 1月号小学館
ページの先頭へ

Copyright © Since 2009 Kurata Seisakusho All Rights Reserved. powered by WAZAMON