製作技術

弊社WEBサイトはリニューアルしました。このページは以前のページで情報は更新されません。IE9以上でご覧いただいているお客さまは新しいサイトをご利用ください。

こだわり

製作風景

刃先の隙間のこだわり

倉田製作所の毛抜きは、ひとつひとつ金づちで叩いて作っています。機械で一気に潰せば時間も労力もかかりませんが、手で叩くことにより金属組織の密度が高くなり強度が増し、ほどよいバネのある毛抜きが仕上がります。

抜く時に毛にあたる部分(刃先)の研ぎにもこだわりがあります。二つの刃先がピタリと合っていなければ、うぶ毛などの細い毛は抜けません。仕上げの段階で刃先を押さえて光にかざし、隙間から光が漏れなくなるまで研ぎを加えます。

毛抜きは形によって「いろは」「甲丸」「瓢箪」などの種類がありますが、江戸から伝わるそれら伝統的なものの他に、携帯しやすいリップスティックタイプの毛抜きも考案しました。職人として常に使う人のことを考え試行錯誤しています。


←最初の「叩き」の工程

製作工程

工程ごとの形状

材料選定 > 叩き > 芯抜き > 馴らし

叩き

材料は主に18-8、18クロム等のステンレスを使います。場合によっては金や銀で作ることもあります。

最初に素材の両端を金づちで叩いて延ばします。次に芯抜きといって毛抜きのバネになる中央部分を叩いて素材の芯を抜きます。その後再び全体を叩いて平坦になるようにならします。


型抜き > ヤスリがけ > ばり取り > みがき

ヤスリがけ

叩いて横に伸びた余分な部分をプレスで型抜きした後、断面にヤスリをかけていきます。稜に対し斜めにヤスリをかけて面取りをし、細かなばりも丁寧に取ります。その後3種類のバフ(砂、麻、布)を使ってみがきを行います。

そり打ち > 銘きり > そり打ち > 刃つけ > 先曲げ > 中央曲げ

銘きり/中央曲げ

木製の作業台で微妙な曲がりを直すそり打ちをした後、「倉田義之」と銘を刻みます。再度そりを打ち、毛を挟む部分に刃つけをしたら、先端を毛抜きの形に曲げて調節します。

工程1で芯抜きをした中央部分をペンチで曲げ毛抜きの形にし調整を行った後、叩いて形を整えます。

磨き > ヤスリがけ > 刃合わせ > 砥石入れ > 仕上げ

仕上げ

表面を4種類のバフ(砂・麻・糸・布)を使い滑らかに仕上げ、毛を挟む部分の刃は3種類のヤスリ(荒、中、細)を順番にかけて仕上げます。

形状やバネの弾力を調整した後、光にかざしながら2枚の刃先を隙間なく合わせ、最後に刃先に砥石を入れ、最終仕上げをして完成です。


日常的なお手入れとご注意していただきたい事

毛抜きの口合わせは、皆様がお考えになる以上に非常にデリケートです。肌の脂やお化粧などちょっとしたものが付着しただけでも、それが原因で隙間が生じ抜けなくなったり切れたりしてしまいます。

日常のお手入れとして、ご使用後は柔らかい布(綿素材)などで先端のかみ合わせの部分を軽く拭いていただくことをお勧めします。又引き出しの中で他の物とぶつかったり、落としてしまったりといったことでも口合わせが狂ってしまう場合があります。出来るだけ付属の箱にしまっていただくか、布などにくるんで保管していただいた方がいいかと思います。

エピソード

逆さまつげに苦しむお客様

長年逆さまつげで苦しまれた福岡県在住のK様より現況・症状図及び希望の毛抜き図案(特に先端部を丸く優しくと特記)入りの手紙を受け取りました。
数回に及ぶやり取りの中で試作品を何個か製作し、なんとか注文通りの品を納めたところ、お客様から完全に抜けたまつげ(根っこつき)とともにお礼の手紙と地元の特産品まで戴き感謝してもらえました。
完成までに約半年を要しましたが、お客さんにこれだけ喜んいただければ、職人冥利です。

手の握力が弱いので・・・

大阪在住のY様より「通常の毛抜きでは手の握力が弱いので毛が抜けない。自分の力でも楽に毛が抜ける毛抜きができないか」と問い合わせを受けました。
そこで毛抜きのバネとなる部分<芯を抜く加減>を調整することにより、弱い力でもしっかりはさめるような毛抜きを製作し、お客様の希望を叶えることが出来ました。

愛犬家より

東京都在住の愛犬家M様より愛犬の逆さまつげ用の毛抜きの依頼を受け、こちらも先の福岡のK様の事例を参考に対応し希望を叶えることができました。
以後毎年元気なワンちゃんが写っている年賀状を戴いています。

某有名ホテルの料理長が

東京都内某有名ホテルの料理長様より魚の小骨を取る毛抜きの依頼を受けました。
以前より骨抜きは製作していましたが、今回は小骨用のためより細心の注意を払い口合わせにも時間を掛けました。
以後ご愛用いただいているようです。


ページの先頭へ

Copyright © Since 2009 Kurata Seisakusho All Rights Reserved. powered by WAZAMON